向社会行動を支える心と社会の相互構築

日本学術振興会科学研究費助成事業

2015年3月までの研究は「向社会的行動の心理・神経基盤と制度的基盤の解明」によって行われたものです。

ヘッドライン一覧はこちら

  • 2018.3.5

    山岸らの論文が国際誌(PloS One)に掲載されました。

  • 2018.1.10

    清成らの論文が国内誌(心理学研究)に掲載されました。

  • 2018.1.8

    山岸らの論文が国際誌(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)に掲載されました。

  • 2017.11.10

    山岸らの論文が国際誌(Management and Organization Review)に掲載されました。

  • 2017.11.7

    山岸らの論文が国際誌(Scientific Reports)に掲載されました。

  • 2017.10.10

    山岸らの論文が国際誌(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)に掲載されました。

  • 2016.7.13

    清成らの論文が国際誌(Scientific Reports)に掲載されました。

  • 2017.5.8

    山岸らの論文が国際誌(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)に掲載されました。

  • 2017.1.24

    山岸らの論文が国際誌(Frontiers in Psychology)に掲載されました。

  • 2016.12.18

    山岸らの論文が国際誌(Asian Jounal of Social Psychology)に掲載されました。

  • 2016.12.8

    高岸らの論文が国際誌(Scientific Reports)に掲載されました。

  • 2016.7.14

    研究員の松本らの論文が国際誌(PloS One)に掲載されました。

  • 2016.6.14

    山岸らの論文が国際誌(Scientific Reports)に掲載されました。

  • 2016.4

    山岸らの論文が国際誌(Current Opinion in Psychology)に掲載されました。

  • 2016.3.30

    山岸らの論文が国際誌(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)に掲載されました。

  • 2016.3.11

    週刊科学新聞 科学技術総合面にて論文が紹介されました

  • 2016.2.15

    研究員のFerminらの論文が国際誌(Scientific Reports)に掲載されました。

  • 2016.1.12

    高岸らの論文が国際誌(Letters on Evolutionary Behanioral Science)に掲載されました。

  • 2015.12.12

    第8次調査実験が終了しました。