1. HOME >> 
  2. 学会発表

学会発表 2018〜2015

田中大貴・宮崎淳・高岸治人・石原暢 ・藤井貴之・金成慧・仁科国之・高橋宗良・山岸俊男・松田哲也 2018
デフォルトの選好に反する社会的意思決定に及ぼすリスク回避傾向の影響:HCP パイプライン及び大規模サンプルを用いた検討. 第20回日本ヒト脳機能マッピング学会, 新横浜プリンスホテル, 神奈川県.3月3日
石原暢・宮崎淳・高岸治人・藤井貴之・金成慧・仁科国之・高橋宗良・田中大貴・山岸俊男・松田哲也. 2018
中学高校の運動経験と成人後の認知機能の関連性に関する研究:HCP パイプラインを用いた脳マルチモーダル MRIによる検討. 第20回日本ヒト脳機能マッピング学会, 新横浜プリンスホテル, 神奈川県.3月3日
高岸治人・宮崎淳・石原暢・藤井貴之・金成慧・仁科国之・高橋宗良・田中大貴・山岸俊男・松田哲也 2018
向社会的行動と背外側前頭前野の関連:HCP パイプラインを用いた検討. 第20回日本ヒト脳機能マッピング学会, 新横浜プリンスホテル, 神奈川県.3月2日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2018
向社会的行動の遺伝的基盤:μ-オピオイド受容体遺伝子とオキシトシン受容体遺伝子による検討. 第18回脳と心のメカニズム冬のワークショップ , ルスツリゾート, 北海道, 1月10日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・坂上雅道・山岸俊男 2017
向社会的行動の遺伝的基盤. 日本人間行動進化学会第10回大会, 名古屋工業大学, 愛知県,12月10日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・坂上雅道・山岸俊男. 2017
アルギニンバソプレシン受容体遺伝子と向社会的行動の関連. 第7回社会神経科学研究会, 生理学研究所, 愛知県,11月30日
高岸治人・坂上雅道・山岸俊男 2017
向社会的行動における右側背外側前頭前野の役割. 日本社会心理学会第58回大会, 広島大学, 広島県,10月29日
仁科国之・高岸治人・竹村有由・井上ー村山美保・高橋英彦・山岸俊男 2017
不公平分配の拒否とセロトニントランスポーター遺伝子多型の関連. 日本社会心理学会第58回大会, 広島大学, 広島県,
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2017
Arginine vasopressin receptor gene is associated with prosociality. ワークショップ「集合行動の認知・神経・生態学的基盤の解明」, 久留米ビジネスプラザ, 福岡県,9月23日
山岸俊男 2017
群淘汰と協力:ヒトは偏狭な利他主義の軛から逃れられないのか? 日本心理学会第81回大会公募シンポジウム78 指定討論, 久留米シティプラザ, 福岡県,9月22日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2017
サイコパシーの遺伝的基盤:μ-オピオイド受容体遺伝子とオキシトシン受容体遺伝子による検討. 第17回脳と心のメカニズム冬のワークショップ, ルスツリゾート, 北海道,1月12日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2016
サイコパシーの遺伝的基盤:Μ-オピオイド受容体遺伝子とオキシトシン受容体遺伝子による検討. 日本行動進化学会第9回大会, 金沢市民文化センター, 石川県,12月11日
井上裕香子・齋藤慈子・長谷川寿一・清成透子 2016
協力者は協力的な相手を短時間で探索する?:報酬分配者の選択に協力性が及ぼす影響. 日本行動進化学会第9回大会, 金沢市民文化センター, 石川県, 12月11日
清成透子・高橋泰城・Robert Burris・新井さくら・井上裕香子・山岸俊男 2016
集団内の上下関係がULTIMATUM GAMEにおける意思決定とテストステロンの働きに与える影響. 日本行動進化学会第9回大会, 金沢市民文化センター, 石川県,12月11日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2016
μ−オピオイド受容体遺伝子多型と囚人のジレンマゲームにおける罪悪感との関連. 日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会, 九州大学箱崎キャンパス, 福岡県, 10月9日
清成透子・高橋泰城・Robert Burris・新井さくら・井上裕香子・山岸俊男 2016
集団内の上下関係がテストステロンのはたらきに与える影響:Ultimatum Gameの意思決定を通した検討. 日本社会心理学会第57回大会, 関西学院大学, 大阪府,9月18日
仁科国之・高岸治人・Alan Fermin・金井良太・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2016
向社会行動の遺伝・神経基盤の解明:アルギニンバソプレシン受容体V1a遺伝子による検討. 日本社会心理学会第57回大会, 関西学院大学, 大阪府,9月18日
松本良恵・李楊・山岸俊男 2016
ステイクサイズの個人内効果の検討. 日本社会心理学会第57回大会, 関西学院大学, 大阪府,9月18日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2016
オキシトシン受容体遺伝子、バソプレシン受容体遺伝子と協力行動の関連. 共感性の進化・進化基盤 第3回領域会議, 東京大学本郷キャンパス, 東京,1月30日
.仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2016
オキシトシン受容体遺伝子、バソプレシン受容体遺伝子と協力行動の関連. 脳と心のメカニズム 第16回冬のワークショップ, ルスツリゾート, 北海道, 1月7日
Li. Y., Matsumoto. Y., & Yamagishi., T. 2016
Are “Altruistic Punishers” altruistic? Evidences from behavioral experiments. 脳と心のメカニズム 第16回冬のワークショップ, ルスツリゾート, 北海道, 1月6日
松本良恵・李楊・山岸俊男 2015
協力行動の年齢効果の検討. 日本人間行動進化学会第8回大会, 総合研究大学院大学, 神奈川県,12月5日
李楊・中嶋智史・松本良恵・山岸俊男 2015
綺麗な人は他人の顔をよく覚える? 記憶主体の外見的特性が顔記憶成績に及ぼす影響. 日本人間行動進化学会第8回大会, 総合研究大学院大学, 神奈川県, 12月5日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男 2015
オキシトシン受容体遺伝子、バソプレシン受容体遺伝子と向社会的行動の関連. 日本人間行動進化学会第8回大会, 総合研究大学院大学, 神奈川県,12月5日
松本良恵・山岸俊男 2015
向社会性と協力行動の年齢効果. 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 東京都, 11月1日
.高岸治人・仁科国之・金井良太・井上-村山美穂・山岸俊男 2015
オキシトシン受容体遺伝子と信頼行動の関連:VBMによる検討. 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 東京都,11月1日
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・山岸俊男 2015
オキシトシン受容体遺伝子と向社会性の関連. 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 東京都,11月1日
李楊・山岸俊男 2015
「利他罰」と利他性:最後通告ゲームと三者罰ゲームを用いた検討. 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 東京都,11月1日
仁科国之・高岸治人・村山美穂・山岸俊男 2015
オキシトシン受容体遺伝子と信頼行動および一般的信頼の関連. 日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会, 奈良大学, 奈良県, 10月11日
橋本博文・山岸俊男 2015
適応論的視点にもとづく独立性と協調性の日米差の検討. 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場, 愛知県,9月24日

CONTENTS
山岸俊男教授の写真
山岸 俊男(やまぎし としお)
北海道大学名誉教授、
一橋大学大学院国際企業戦略研究科
特任教授

北海道大学を2012年に退職致しました。現在の連絡先は下記のとおりです。

ADDRESS
〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1
玉川大学脳科学研究所
TEL
(042)739-8356
E-MAIL
yamagishitoshio[at]gmail.com
※[at]を@に置き換えてください